☆今日のつぶやき☆

♪過去の日記もじっくり読んでね♪
[all]の右側の ▼ をクリックして読みたい月を選び[view]をクリックしてください。


◆ ◆ ◆ 突発性難聴?◆ ◆ ◆

2024/06/23 (Sun) 9:24

金曜日の21時過ぎに突然左耳の耳閉感を覚え、健側の右耳を塞ぐとテレビからの人の声が深く篭もって聞こえるようになった。
その後ベッドに入っても症状は改善せず、右横臥位になると、左耳に入ってくるテレビや空調など、あらゆる音が強い違和感を持って聞こえる。
そして想像力は豊かな方だと自負する私は、外耳孔を指で塞いでも離しても全く変化のない耳閉感に「ひょっと気づかぬ間に、この世で何より恐ろしいあのGが耳に入って、鼓膜を圧迫する形で動かなくなってるのでは!」などと、世にも恐ろしい光景を想像して気絶しそうになった😱
先天性の全盲である私にとって「聴覚」は、単に音を認識するための感覚に留まらず、今自身が置かれている空間を認識したり、その中で一定の方向性を理解して行動するために不可欠で、つまりは生活全般に置いて最重要な感覚と言っても過言ではない。
実際、左右聴覚の強いアンバランスが起こると、20年暮らす自宅のリビングでも、目的のものに向かって性格に歩くことが困難になるほど。
そんな状態で過ごす夜は長く不安だったが、それでも他に耳痛や目眩などの症状は感じなかったので、「突発性難聴」だろうと判断し、出来る限り早急に耳鼻科を受診しようと、睡眠導入剤の力も借りて眠りについた。
翌朝になっても症状の改善は全く見られず、朝食を済ませてタクシーで耳鼻科へ向かった。
聴力検査等から診断結果は「突発性難聴の疑い」ってことで、ステロイド剤(懐かしいプレドニン錠)と血管拡張剤、そしてビタミンB12製剤の投薬を受け、月曜日に再検査して、薬効が認められない場合は新たな治療のために大病院当へ紹介するということで帰宅した。
正直な心の声は「月曜日って…たった二日くらいで薬効が現れるの?」とぼやいてたけど、3回の服薬を経た今朝あたりは、ずいぶん症状が改善し、テレビの声も普通に聞こえるようになってる音符
恐るべきは、1日2回(4錠)飲むプレドニン(ステロイド剤)の効果!
まぁ抗がん剤として服用してた時は1日18錠飲んでいて、飲んだ直後と薬効が切れた時の心身の変動に大いに苦しんだことを思えば何てことないけれど、逆に恐ろしくも感じる小粒の錠剤を口に入れた瞬間のあの独特の苦味に、闘病時の感覚が有り有りと蘇る。
そういうわけで、発症から治療までの期間が短いほど根治の可能性が高いとも言われる突発性難聴だとすれば、今回は症状に気づくのも早く、経過から見てもおそらく良い方向に向かうはず音符
これを読まれた貴方も、突然片耳が塞がったような感覚や、なんとなく人の声や音に違和感を感じた時には、簡単に考えず、出来るだけ早く耳鼻科を受診することをお勧めします。

突発性難聴について | e-ヘルスネット(厚生労働省)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/sensory-organ/s-001.html

-- 一言感想(200文字以内) --


name :   
res :


<<1つ前の日記へ   堀内佳トップへ